発リンクはマイナスで被リンクはプラスなのか?検索順位に影響する考え方

アフィリエイト

サイト運営をしていると、だれでも検索順位が下がってしまうことは避けたいですよね。

Googleの検索アルゴリズムのひとつに被リンク数があります。

単純に考えれば、良いサイト、良い記事ほど多くのサイトから被リンクを受けることになるので、検索上位にいく力が働きます。

その逆の発リンクについては、「マイナスになりかねない!」という考えから控えるサイトが多いようですが、本当のところはどうなんでしょうか。

とくにブログ初心者は迷うことばかりだと思うので、今回は発リンクと被リンクについて紹介します!

そもそも発リンクと被リンクってなに?

発リンクはマイナスで被リンクはプラスなのか?検索順位に影響する考え方-11

参照元:日本アフィリエイト協議会

例えば、上記のような感じで“参照元:“以降にリンクを貼った場合、

このサイトからすると、日本アフィリエイト協議会にリンクを貼っているので発リンク。

日本アフィリエイト協議会からすると、リンクを貼ってもらっているので、被リンクになります。

200を超える検索アルゴリズムのうちのひとつに被リンクの数があり、たくさんのサイトから被リンクを受けていれば、「このサイトは良質なサイト」と評価してもらえ、検索上位にいく力が働きます。

発リンクはマイナスなのか?

リンクを貼られた側(被リンク)はプラス評価になるなら、貼る側(発リンク)はマイナス評価を受けるという考え方があります。

被リンクの数は、200を超える検索アルゴリズムのうちのひとつとはいっても、特に重要視されていることが分かっているため、「発リンクすると、Googleから得ていた自サイトの評価を相手に渡してしまう」という考え方。

確かに、ライバルサイトより検索上位に自サイトの記事を表示させたい場合、発リンクすればライバルの記事がプラス評価を得るため、自サイトの記事より上位にいく力が働きます。

Googleは発リンクした側に関しては、「検索順位に影響しない!」といっているので、自サイトがマイナス評価を受けてなくても、ライバルサイトにプラス評価を与えれば、結果的にマイナスとなると考えられます。

しかし、実際にはこんなこともあります。

大手のニュースサイトの情報をもとに記事を書いた時には、「どこからの情報なのか?」コンテンツの信憑性を高めるために、その情報元に発リンクしますよね。

その結果、検索順位がどうなったかというと、大手のニュースサイトより自分のサイトが上位に表示されていました。

なぜ被リンクが重要視されているのか?

発リンクはマイナスで被リンクはプラスなのか?検索順位に影響する考え方-12

数年ほど前までは、検索上位にあげたいサイトに他の自サイトから自演リンクを貼っているだけで、検索上位に表示されていた時代もありました。

裏を返せば、被リンクの数が多いだけで上位表示できてしまう。

被リンクの数は、200を超える検索アルゴリズムのひとつとはいっても、過去にはそれだけで上位表示できていたので、現在でも重要視されています。

また、自演リンクは正しい方法だと、ちゃんとしたセミナーなどでも紹介されていました。その為、リンク販売業者もたくさんありましたね。

Googleの検索アルゴリズムの進化により、自演リンクや有料で買った被リンクはスパムとみなされるようになり、大変な騒ぎになっていた時代もあります。

それでも、IPアドレスを分散した方法など、Googleにバレないように自演リンクで上位表示できているケースもあり、今でもやっている人はけっこう多いですね。

ただ、初心者はこうしたグレーな方法から始めると、まったくアクセスが集まらないサイトになります。

発リンクばかりのサイトが上位を占めていた時代も

発リンクはマイナスで被リンクはプラスなのか?検索順位に影響する考え方-13

Google検索担当者は以前、「発リンクは評価の対象ではないが、コンテンツの充実に役立っているのであれば、品質の高いコンテンツとして評価を受けることもある」

と、興味深いコメントを発していたこともあります。

実際に1年くらい前までは、「NAVER まとめ」などの発リンクばかりのサイトが検索上位にたくさん表示されていました。

そのため、オリジナルの内容が全くない記事で、他の記事へ発リンクしただけのまとめサイトが急激に増えてきました。

しかし「WELQ」問題があり、その後、検索アルゴリズムが大幅に変更になったことをきっかけに、現在では「NAVER まとめ」などの発リンクばかりのサイトは、検索上位に表示されなくなりました。

発リンクは記事内容によりマイナスにもなるし、プラスにもなる

発リンクはマイナスで被リンクはプラスなのか?検索順位に影響する考え方-14

結局のところ、発リンクそのものが検索順位に影響するということはなく、発リンクすることにより、それ以外の要素が評価され、順位に影響していると考えるのが妥当です。

たくさんの記事を一つに集約されている「NAVER まとめ」などは、検索ユーザーにとって利便性が高くとても役立つ記事なので、発リンクばかりでも上位表示されていましたが、Googleの検索アルゴリズムの進化により、「発リンクだけでは評価しないですよ!」というように変化しているのでしょう。

つまり、ユーザーにとって役立つオリジナルの情報を提供できており、さらにその記事に対して補足や関連した情報を発リンクしているのであれば、プラス評価を受ける。

そう考えれば、発リンクだけを並べたまとめ記事が検索上位にあがらなくなったのは必然ですね。

終わりに!

おそらく発リンク自体は、Googleの検索担当者さんが言っているように、評価の対象ではないのでしょう。

記事コンテンツの質を上がるための発リンクであれば、記事の一部とみなされ高い評価を受けるので、どんどん発リンクしたほうが得ですね。

記事の一部とみなされ評価されるため、数年前までに流行ったまったく関連性のないサイトとの相互リンクはマイナス評価を受けます。

また、たとえ関連性のあるサイトから被リンクされたとしても、2~3個くらいでは大した評価を受けないので、ライバルサイトであっても有益なコンテンツに発リンクすれば、結果的に上位に行く力が働きます。

こちらも一緒に読まれています

副業に最適!ブログアフィリエイトで毎月100万以上安定して稼ぐために行った方法

Bloggerアドセンスの始め方!初心者にはメリットの方が大きいですよ

アフィリエイトで月30万以上稼いでいるのは5万人以上?その根拠を紹介

アフィリエイトで稼げない?初心者が稼げない原因(1.売りが強すぎ)

アフィリエイトで稼げない?初心者が稼げない原因(2.自分に合ったノウハウを実践していない)

ピックアップ記事

関連記事一覧