介護事業所の種類!初めて介護転職する人に施設の特徴を紹介

介護事業所の種類!初めて介護転職する人に施設の特徴を紹介
介護職について

老人ホームといっても、「いろいろ種類があって何がどう違うのか分からない!」

大半の人はこう思われることでしょう。

介護を要する人の介護度やニーズも多様化しており、様々な形態の介護事業所があります。

はたらく職場によって、「精神的」「肉体的」な辛さも違ってきますし、求められる資格やスキルも違います。

転職においてミスマッチが起きるのは、はじめにその業界の全体像を理解していないのも理由のひとつ。

はじめて介護の仕事に就こうとするなら、それぞれの介護事業所の特徴くらいは理解しておきたいものです。

今回は、施設、事業所の特徴を分かりやすくまとめてみました!

特別養護老人ホーム

通称「特養(とくよう)」と呼ばれる施設です。

自宅での介護が困難になった人がもっとも多く入所希望される施設。

有料老人ホームよりも費用が安いので、みなさんが希望する施設なので、地域にもよりますが常に予約待ちの状態。

看護師の健康管理のもと、食事や入浴などの日常生活の介助をすることになります。

利用者さんのために、日常はリクリエーションも行っており、利用者さんと楽しみながら仕事ができるので、やりがいのある職場とも言えます。

事業施設の中には、「介護職員初任者研修」の補助を行っているところもありますし、スキルアップにも繋がりやすいです。

しかし、利用者さんはすべて65歳以上であり、要介護度3以上なので「気配り」や「負担」は大きいといえます。

・リクリエーションを行うための準備が負担。

・認知症や寝たきりの人が多いため、気配りが大変。肉体的な負担も。

老人保健施設

通称「老健(ろうけん)」と呼ばれる施設です。

病院での治療が終わり、通常生活に戻るためにリハビリが必要な場合に利用されます。

退院しても介護が必要なのに、「入所できる施設がない」「自宅の受け入れ準備の間」そういった場合にも利用されます。

医療施設が運営していることが多く、医療管理のもとで看護や介護、リハビリを行う。その中の介護を担当します。

長期療養が目的ではないので、利用者さんの入所期間は3ヵ月程度。日常はリクリエーションも行っています。

介護度の軽い人が多いですし、リハビリ職員が主導してあたるので、介護の仕事をするうえでは、責任などの負担が比較的に少ない職場です。

メリットとしては、

・理学療法士や作業療法士など、色んな職種の人と関わり合いが持てる。

・回復を目的としているため、利用者さんと喜びを分かち合える。

デメリットとしては、

・介護職員は補助的なサポートがメインなので、介護のスキルアップに繋がりにくい。

有料老人ホーム

一般的には、「特養」と同様の介護サービスを提供する施設です。

特養より費用が高いということもあって、現役のときは社会的地位の高かった利用者さんが多く、マナーなどには厳しいこともあります。

ただし、こちらは介護度に関係なく入所できるため、比較的軽い介護度の利用者さんが多い。

そのため、介護の仕事に携わっている人から人気が高い。もちろん、施設により待遇は異なるので、給与や業務内容の詳細を転職する前にしっかり確認することが大切です。

通所介護(デイサービス、デイケア)

日帰りで介護サービスを提供する施設です。

デイサービスとデイケアの違いは、デイサービスが特養、デイケアが老健の「日帰り版」という感じです。

一般的には、朝9時ごろから午後3時ごろまで、昼食や入浴、リクリエーションなどのサービス提供なので、昼間の仕事です。

しかし、すべての通所介護事業所が同じ勤務形態とは限らないですから、注意すべき点は以下のふたつ。

・特養や老健に併設されているケースもあり、

「デイサービスだけの仕事のつもりで転職したら、数ヵ月後には特養の勤務になってしまった」

というケースもあります。

・「お泊りデイ」というサービスを提供している事業所もあり、夜勤などがある場合もあります。

「どのような事業施設なのか?」注意して確認すれば済むことですから、必ず確認しましょう。

訪問介護(ホームヘルプ)

訪問介護は、介護福祉士や訪問介護員が、利用者さんの自宅をちょくせつ訪問し、食事や入浴、排泄などの介助を行います。

それ以外にも求められれば、掃除や洗濯、調理などの家事全般の支援、通院時の外出移動のサポートなどもあります。

メリットとしては、

・1対1での介護なので、よくある職場の人間関係の煩わしさがない。

・自宅周辺での仕事なので、時間単位で働けて時間を有効活用できる。

デメリットとしては、

・介護経験ゆたかな人でないと、務まらない。

・介助の仕方が自己流になりやすい。

・1対1での介護なので、良くも悪くもすべて自分に跳ね返ってくる。

・何か問題があった場合、すぐに頼れる人がいない。

ケアハウス(軽費老人ホーム)

身寄りのない人が軽度の介護サービスを受ける施設です。

なんとか日常生活を送れるが、高齢で一人暮らしが心配といった人が多い。

基本的には、自立して生活できる人向けの介護サービスなので、日常的に介護が必要とされる人、認知症の人は利用できないので肉体的には負担が少ない。

しかし、とうぜん職員は少人数なので同僚が少なくなりますし、責任はそれなりに重いです。

グループホーム

軽い認知症を含めた要介護度1以上の人が、5~9人で共同生活を送るための施設です。

利用者さんの能力に応じて、料理や掃除、洗濯など、役割を分担しながらの共同生活をするところ。

自立した生活をなんとか送れるが、助けも必要という人向けなので、利用者さんの苦手なことや、出来ないことを助けるのが主な仕事。

なので、積極的な介護をするのではなく、見守り介護となるので、肉体的な負担は比較的に少ないです。

しかしケアハウスと同様に、とうぜん職員は少人数なので同僚が少なくなりますし、責任はそれなりに重いです。

ケアホーム

精神障害者や知的障害者が就労支援をうけながら、共同生活を行う居住施設です。

仕事は広範囲におよび、入浴や排せつ、食事、着替えなどの介助とともに、調理や洗濯、掃除などの家事も行います。

生活に関する相談や助言、就労先との連絡なども行うので、職員一人ひとりにそれなりの責任もあります。

終わりに!

もっと細かく施設を別ければいろんなタイプの事業所がありますが、特徴で大きく別けるとこのくらいですね。

はじめて介護の仕事に転職するにしても、正社員を希望するのか、派遣やパートを希望するのかによっても、求人の偏りがあります。

もちろん、介護のスキルや資格がない状態での転職ですから、

・介護スキルを身につけたいなら、「特養」がおすすめ。

・出来るだけ負担がないほうがいいなら「有料老人ホーム」がおすすめ。

一般的にはこんな感じでしょうが、特養であっても各施設により待遇は全然違うので、くわしい内部情報まで確認したうえでの転職をおすすめします。

転職活動で安易にやってしまいがちなのが、ハロワや求人雑誌、求人広告から探すこと。詳しい情報がないうえ、中には嘘がかかれていることもあり、注意したいですね。

はじめての介護転職なら、すべて無料の「カイゴジョブ」「かいご畑」などの求人サイトをうまく利用しましょう。

こちらも一緒に読まれています

おすすめの介護求人サイト!厳選11転職サイトを比較して紹介

20代で介護職へ転職!メリットとデメリットを紹介

30代で介護職へ転職するメリットと介護資格を紹介!

40代で介護職に転職しても大丈夫?未経験OKでも不安なことを解決!

関連記事一覧