東京で転職したい!女性におすすめの職種とは?

女性におすすめの職種

田舎暮らしをしていると、普通に仕事をしていても、何か物足りなさを感じることがあります。

もちろん、地方で生まれ育った人にとっては、都心の大学を卒業しても地元に帰って就職することが多いハズです。

特に女性にとって地元は知り合いもいて、実家から通えることで安心感もあるかと思われます。

しかし、結婚の時期になるとやはり女性は職場がかなり重要です。

20代後半くらいに結婚を決める人は多いため、女性は勤務地によって出会う人が変わって結婚相手も変わってきます。

よって結婚相手を狙うために転職をする手段もあるため、独身の内から働く場所を自由に選べる期間はとても貴重なのではないでしょうか。

そもそも日本人は男性に限らず女性もこぞって東京に住みたがる傾向があります。

その理由は、ニューヨークを上回るほどの世界第一位の経済規模を有する都市だからでもあります。

日本の首都圏区域は世界で一番人口が密集しており、それだけ便利性を兼ねそろえた巨大メガシティーとして知られています。

そこで東京で転職をする場合、「どのような職種がおすすめなのか?」非常に気になるところです。

WEB関連の仕事

東京で転職したい!女性におすすめの職種とは?-11

WEB関連の仕事は、男性に限らず女性にもとても人気があります。

それは情報機能が非常に密集しており、いつでも新鮮なニュースを目にすることができます。

そして毎週のようにGoogleやYahooなどの企業のセミナーが実施されているため、日常的に参加することが可能。

しかもこれらは無料で開催されるものが多く、広告関連会社との接点も見受けられるでしょう。

ところが無料セミナーは大阪や京都では少ないため、いかに規模が違うという事を思い知らされるのではないでしょうか。

よってWEB関連の仕事に転職できやすい環境が抜群であるため、おすすめです。

保育士

保育士も女性にとって優位な職種と言えます。

現在の日本では少子高齢化が進行しておりながらも、東京では保育士の数が足りていないのが現状。

それは保育士という職業が重労働のわりに給料が少ないという事から、成り手が少ないため。

確かに、保育士は普通の職業とは大変なことが多いと言われていますが、これからは保育士という人は貴重な存在となります。

今は免許を所得する必要がありますが、今後は一般の女性でも保育士の資格が与えられる時代がくると考えられます。

子供は国の将来を担っている大事な存在であり、保育士はまさに国に貢献できる仕事と言っても過言ではありません。

よって、職場の人間関係をうまく築けず、前の仕事をやめてしまった女性にとって、保育士への転職は人生をやり直すことができるチャンスかもしれません。

介護の仕事

東京で転職したい!女性におすすめの職種とは?-12

介護の仕事も保育士と同様に重要な役割を果たします。

いくら東京のような大都市であっても、高齢化が進行している以上は介護の仕事が十分行き渡っていません。

「2200年には日本人が生まれなくなるのではないか?」と推測されているため、200年後には介護施設や老人ホームが廃墟と化す可能性も指摘されています。

よって、女性が介護士となる場合は、これから先はかなり歓迎されると思われます。

最近では老人宅を訪問して面倒をみるというスタイルが登場しており、従来の病院で働くような仕事のスタイルも、これからは働く時間がえらべて、個人宅で仕事をするスタイルに変化しているかもしれません。

通訳の仕事

通訳の仕事もこれからはおすすめと言われています。

2020年のオリンピックにより、外国人観光客がかなり増加すると想定されていますし、首都圏での需要がとても高いからです。

最近では、東京はニューヨーク、ロンドンの次ぐ世界三大都市として指定されました。

あらゆる文化をはじめ、経済や芸術面としての都市ランクが以前よりも上がったため、ますます世界から人気を集めています。

しかし、以外にも観光客にとって苦戦するものが多いという意見があります。

それは看板の文字が和製の英語に書かれているから、理解に苦しむ外国人が多いのが現状。

例えば、昭和通りは本来であれば「SHOWA Street」と表記されなければならないのですが、実際は「SHOWA Dori」と記載されているのです。

このような日本独自の文化には人気がある反面、外国人にとっては非常に混乱しているシーンが見受けられます。

これらの問題を解消するためにも、英語だけにとどまらない通訳の仕事は非常に重要な役割を果たすと考えられます。

終わりに!

このように女性が東京で転職するにあたって、「WEB関連」の仕事などは非常になりやすい職種なのでおすすめです。

もし、あなたが人に喜ばれる仕事にやりがいを感じるのであれば、「介護士」「保育士」「通訳の仕事」がおすすめ。

少子高齢化が進行していることもあり、介護士や保育士に転職した場合、感謝されるケースが多々あり、それがやりがいに繋がります。

最近では、介護や保育にたずさわる職員の待遇改善に国も動き出しているため、従来の仕事のスタイルとは違って変化してくると考えられます。

また、オリンピックに伴い、外国人観光客が増加すると予想されているため、通訳の仕事も貴重な存在。日本は非常に技術の進んだ先進国として名高い存在ですが、外国人にとっては英語の表記などに苦戦する場面が多いです。

外国人が不便なく暮らしていくためにも、言語のサポートは不可欠なので、やりがいを感じやすい仕事です。

転職情報ならリクナビNEXTハタラクティブがおすすめです。

こちらも一緒に読まれています

今がチャンス!転職売り手市場はすべての求職者に共通するのか?

スキルアップだけじゃない!将来を考えた転職とはどういうことか

知らないと損!転職エージェントを利用するメリット

転職で年収ダウンする人の特徴とは?よくある5つのパターン!

会社辞めた!退職してから転職活動するメリット、デメリットとは?

ピックアップ記事

関連記事一覧