横浜で転職したい!女性におすすめの職種とは?

女性におすすめの職種

横浜近郊で転職を検討している女性におすすめの職種を考える上で大切なことは、「仕事に何を求めるのか」をしっかりと整理することです。

世の中には多種多様な職業が存在していて、おおよそすべての希望者のニーズを叶えられる選択肢があるといっても過言ではありません。

ただ、職種によっては就くためのハードルが非常に高く設定されていることもあるので、誰もが希望している職業に就けるとは限りません。

頭の中が整理できておらず漠然としているなら、これから紹介することを参考にして下さい!

転職に何を求めるのか?

たとえば、「普通のOLになりたい」という希望を持っているのであれば選択肢は豊富です。

ただのサラリーマンとして働ける環境を欲しているのであれば、世の中の求人のほとんどが候補に挙がるだけでなく、仮に求人が出ていない企業でも働ける可能性は十分にあります。

ただ、あえて「横浜」という土地で働くことを目指しているのであれば、土地柄に応じて職種を厳選した方が賢明です。

希望する職種によってもまったく違うとはいえ、たとえば「海の近くで働ける仕事」などは非常におすすめです。

ただし、「仕事に何を求めるのか」には個人差がある以上、海の近くで働くことに魅力を一切感じない人にとっては無意味な選択肢になってしまいます。

そこで、まずは自分自身の希望や理想を具体的にできるように整理することに時間を使い、ピンポイントで業種や条件を設定できる程度まで整理しておくことが大切です。

どのような希望をもって仕事を探すのかは人それぞれですが、大まかに人気が高い選択基準をいくつか挙げると「稼げる」「楽しい」「将来性が高い」などです。

たとえば、「誰もが羨むような注目される仕事」に就くことができれば、報酬以外のメリットで充実した生活を送れる可能性にも期待できます。

「稼ぎたい」を優先するなら

目標としている基準が「稼ぎたい」ということであれば、兎にも角にも基本報酬が良い仕事がおすすめです。

具体的な職種の選択は難しいですが、「水商売」ならば非常に報酬単価が高い仕事として有名です。

横浜は観光地であるとともに文化の発信地でもあるので、常にさまざまなニーズが存在しています。

何を根拠に良し悪しを判断するのかという話にはなってしまいますが、「稼ぎたい」という欲求に対して「稼げる」という結果で応えることができる以上、「水商売」という選択肢は十分に検討対象になり得ます。

もし、職種に関係なく一定期間に稼げる金額の目標があるのであれば、単価が高い水商売は筆頭候補になり得ます。

「キャバクラ」「クラブ」「スナック」などの種類がありますが、給与ベースは種類によって一律に比較できるわけではありません。

意見すると「キャバクラ」は報酬ベースが高い仕事として認識されることが多いのですが、「クラブ」のランクによっては倍以上の高いベースを設定している可能性も十分にあり得ます。

唯一、「スナック」に関しては報酬ベースが低めに設定されている可能性が高いものの、トータル収入で換算すると一番多くなる可能性は十分にあります。

要は、「実際に稼ぐことができる金額(試算)」を基準に業種を比較検討することが大切なポイントです。

今抱いている願いをかなえることが転職の目的

横浜で転職したい!女性におすすめの職種とは?-11

ここで重要なことは、就職ではなく転職だということです。

すでに何らかの仕事をしている中で不満や目標があるからこそ別の仕事に就くことを目指すわけなので、目的を達成することができなければ何の意味もありません。

たとえば、「収入を増やしたい」という目標を持って転職を検討している場合、前職よりも収入が下がってしまう仕事に就く意味はありません。

1円でも良いので収入が増える仕事に就いてこそです。

しかし、「やりがい」という要素を含めて考えると、必ずしも収入ベースが下がってしまう仕事が劣るとは限りません。

また、収入の捉え方にもさまざまあるので、「割りの良さ」を重視している場合などは報酬ベースが下がってしまっても優先順位が高い選択肢になる可能性も十分にあり得ます。

転職は自分の価値を下がることもある

横浜で転職したい!女性におすすめの職種とは?-12

とかく日本国民の一般認識として、「転職は評価を下げる行為」という認識が少なくありません。

もし、海外で働いているならばそういった偏見に晒されることはありませんが、日本国内で働いて仕事を変えるという行為を繰り返してしまうことは、将来的な可能性を大きく狭めてしまうことにもなり兼ねません。

1度や2度ならばまだ良いのですが、5回以上仕事を変えた場合には「どこからも採用されなくなってしまう」というリスクがあります。

これはあくまでも偏見による評価に過ぎませんが、日本企業の多くがそういった偏見を持っているということを理解していないと、最後の最後になって期待している結果を得られなくなってしまうという状況に陥る可能性があります。

そういったリスクも加味して職種を選択するのがおすすめです。また、転職サイトを利用して情報収集も大切。リクナビNEXTハタラクティブなどで情報を集めてはいかがでしょうか。

こちらも一緒に読まれています

今がチャンス!転職売り手市場はすべての求職者に共通するのか?

スキルアップだけじゃない!将来を考えた転職とはどういうことか

知らないと損!転職エージェントを利用するメリット

転職で年収ダウンする人の特徴とは?よくある5つのパターン!

会社辞めた!退職してから転職活動するメリット、デメリットとは?

関連記事一覧