40代男性で介護職に転職した際の大きなメリットとは?

40代転職

40代男性で転職を考えていると、一定のスキルがない限り正社員での求人が絞られてしまいます。

その中で多くを占めるのが介護職の求人。

ネガティブなイメージが強いので、敬遠される人も。とくに男性なら低賃金というだけで一歩踏み出せない人もいるのではないでしょうか。

将来的にポジティブなイメージが湧かない状態では、介護職に限らずどんな仕事でも前向きになれないものです。

しかし、目標や目的のもち方しだいでは他の職種と比べて、40代男性ならではのメリットもあります。

今回は40代男性が介護職を選ぶことによって得られるチャンスを紹介します!

男性が40代から介護転職を考える理由

40代男性で介護職に転職した際の大きなメリットとは?-4

一家の大黒柱である40代男性が転職を考えるには、色んなケースがあると思いますが、その理由としては「リストラ」と「親の介護」が多くを占めているようです。

家庭を持っていれば自分の都合だけで転職を考える人は少なく、会社や家族の都合で“止むを得ず“という人がほとんど。

40代後半は、バブル全盛期に就職した人、出世して上にいけばポストはどんどん少なくなるにもかかわらず、同年代があふれている状態。

40代前半はバブルがはじけて超氷河期に就職活動した人。良い条件で職に就けず、転職を繰り返して自分より若い人の下についている人も多い。

そのうえ、40代は人件費が高いのでリストラの対象となりやすいですね。

また40代になってくると、自分の親が要介護者になるケースが多く、現職のまま両立することが困難になるケースもあります。

40代でリストラなどから転職するのは難しいのが現状。その中で他の職種と比較して転職しやすいのが介護職。

また、他の職種より時間の融通が利くのも介護職なので、40代から一度は介護転職を考える人が多くなるのは必然なのかもしれません。

介護職のデメリット

40代男性で介護職に転職した際の大きなメリットとは?-3

しかし男性の場合、介護職に積極的に転職できないには、以下のような不安要素があるから。

・他の職種と比べると極端に年収が低い

・夜勤もあり仕事がキツイ

・女性の多い職場なので、特有の働き辛さがある

下のふたつはどの職種でもあり得ることなので、男性にとっていちばんのデメリットは年収が低くなってしまうこと。

資格には、「介護職員初任者研修」「介護職員実務者研修」「介護福祉士」「ケアマネ(介護支援専門員)」などがありますが、たとえ介護福祉士やケアマネの資格を取得したとしても、やはり高年収は厳しいです。

ですので、何の目標もなく何となく介護職に転職すると、離職に繋がりやすくなりますし、介護転職に躊躇してしまいます。

目標や目的をもって介護職に転職すればメリットは多い

40代男性で介護職に転職した際の大きなメリットとは?-1

高い年収を考えるなら独立

40代男性なら低い年収がいちばんのネック。

なら、独立することを目標にして介護職に転職すれば、いずれ自分の裁量に見合った年収を得られます。

介護事業所の独立というと、ものすごくハードルが高く感じますが、フランチャイズ契約すれば意外と簡単に事業所を運営できます。

もちろん資金面など、ある程度のハードルはありますが、小規模のデイサービス事業所なら、開設資金700~800万円からでも運営できます。

フランチャイズ契約すれば、一から事業所を立ち上げるためのノウハウはもちろん、徹底的にサポートしてもらえますし、事業所開設の資金も抑えられます。

長年、会社勤めをしていると、「独立」というだけで尻込みしてしまうかもですが、誰でもはじめは不安なものです。

フランチャイズ展開している強力なサポートさえあれば、それほど難しいことではない。要するに「やる気」の問題です。

給料が安いなら、自分で独立を目指せばいいこと。その為のステップとして介護職に転職するのであれば、メリットしかないです。

そもそも、介護業界は今後もどんどん伸び続ける市場ですから、独立を成功させるために必須となる営業力がほとんど必要ないため、ポジティブな目標を掲げればチャンスしかないです。

生活を安定させることが出来る

安定した生活を希望する人にも、介護転職はメリットが大きいです。

今後はAIによっていろんな仕事がなくなる時代なので、将来的に他の職種より介護職は安定感があります。

また、介護の現場では男性がとても少ないですし、40代でも若いほうなのでリストラされる心配もほとんどない。それどころか、管理職にだって就けます。

3年の実務経験をつんで、国家資格である「介護福祉士(年1回)」に合格すれば、もっと良い条件の職場を選ぶことも可能。

そもそも介護士は慢性的に不足しているため、いったん介護職を経験すれば、「仕事がない!」ということにはならないので、生活が安定します。

他の職種では、「会社側が求職者を選定する」ことになりますが、介護職の場合は「求職者側が条件のよい職場を選ぶ!」という感じになります。

これだけでも、経済的な不安が一気に下がりますよね。

介護職は意外と休みが多い

なにも仕事だけを目標にすることはないですよね。

「給料が高いから満足!」「出世したから満足!」という人もいるでしょうが、「プライベートの時間が大切!」という人も多いことでしょう。

介護事業所にもよりますが、一般的に介護職は週休2日がほとんど。中小企業では完全週休2日が少ないなか、介護職は休みが多いのです。

もちろん、残業もほとんどありません。

また、正社員として働かなければ、自分の都合のいい時間に働くことも可能なので、例えば親の介護のために転職する場合でも、時間の融通が比較的に楽です。

介護職のデメリットを男性の立場から検証してみるとこんな感じ

40代男性で介護職に転職した際の大きなメリットとは?-2

男性なら肉体的な負担は少ない

肉体労働はムリという考えで、介護職を敬遠するのは大きな間違いかも知れません。

介護士は女性が多い職業なので女性目線で語られていることが多く、男性なら肉体的にキツイと感じることは少ないです。

確かに、高齢者といっても大きな男性もいるので、大変な思いをすることもありますが、介助の仕方をマスターすれば男性ならそれほど負担と感じません。

イヤな臭いがするのでは?

介護施設に入ったことがない人は、「病院の病棟みたいな独特の臭いがするのでは?」と思う人が多いですが、一般的にはイヤな臭いはしません。

介護施設でそういった臭いがすれば、施設の事業主から厳重注意を受けます。

ブラックな施設でなければ、あなたの家よりも施設内はとてもきれいです。

夜勤が大変なのでは?

夜勤そのものは自身の体調を崩すこともあるので大変でしょうが、仕事においては日勤より楽です。

一般的な会社であれば、日勤と同じように働かなければいけない夜勤ですが、介護施設の入所者は夜9時には就寝します。

仕事をする相手が眠っているのですから、夜勤はする仕事はとても少ないです。それでいて時給も高くなるので、男性がすすんで夜勤をするケースが多いです。

女性が多い職場でも男性は重宝される

女性が多い職場といっても、最小人数の介護士で仕事を負担しているため、お互いの協力がないと成り立ちません。

また、介護施設でレクリエーションなどの色んな行事が行われていますが、その際にテレビやDVD操作、ネットに繋げる操作など、そうした操作に弱い女性が多いため、男性は意外と活躍する場面が多いので重宝されます。

終わりに!

介護職は楽な仕事ではないですが、他の職種と比べれば決してツライ仕事ではないですね。例えば、

・営業職ならノルマを課せられる

・工場勤務なら危険を伴うこともある

・飲食店なら低賃金で長時間残業が多い

・10年後、今の会社が存在しているか疑問

男性なら精神的にも肉体的にも、介護職は他の仕事より辛くないといえそうです。

介護士の低年収においても、今後さらに処遇改善がすすむ可能性が高いです。

なぜなら、2016年の介護職員数は約190万人、団塊世代が75歳以上になる2025年には約55万人増の245万人が必要といわれているため、この人手不足を国がこのまま放置するとは考えづらいです。

ただ、どの仕事に就くにしても、目標や目的がなければ長続きするものではありません。

何か一つでもポジティブな目標をもって、介護職を目指してはいかがでしょうか。

こちらも一緒に読まれています

特養と老健の違い!介護転職にはどちらが働きやすいのか?

介護の資格には何がある?はじめて介護転職する人に特徴を紹介!

介護事業所の種類!初めて介護転職する人に施設の特徴を紹介

40代で介護職に転職しても大丈夫?未経験OKでも不安なことを解決!

おすすめの介護求人サイト!厳選11転職サイトを比較して紹介

ピックアップ記事

関連記事一覧