40代男性の転職!未経験でも成功しやすい職種とは?

40代転職

40代男性が転職を考える場合、いろんなケースがあると思いますが、現職を捨てて転職するのは難しい年代であるのは明らか。

しかしながら、リストラや自営業の廃業、家庭の都合などで自己都合ではなく、“やむを得ず”転職を考えている人もいるのではないでしょうか。

40代といえば一家の大黒柱ですから、生活できるだけの年収も必要ですし、何より働かなくてはいけません。

40代でも求人はあるものの、未経験の職種がほとんどの事でしょう。その中でも成功しやすい職種はどれなのか?をご紹介します!

40歳から転職するのが難しい理由

40代男性の転職!未経験でも成功しやすい職種とは?-6

企業が40代求職者に求めている条件が合致しない

一般的な企業なら40歳以上の求職者に求めるのは、「即戦力」や「マネジメント力」でしょう。

どちらかが一致していれば、採用するだけのメリットが企業側にも生まれますが、それでも年齢給が高くなる40代は敬遠されます。

ところが、40代で求人を探すと経験のある職種はなかなか見つかるものではないですし、管理職としての転職はさらに難しくなります。

職場に馴染むのが大変

20代であれば、「職場に馴染めるのか?」という疑問を持つ採用担当者はいませんが、いろんな色に染まっている40代になると、この点も重要視されます。

別の色に染まっている転職者を自社の色に染め直すのは大変なことですからね。

また、40代男性が未経験の職種に転職した場合、業務について指導されるのは年下の社員である場合がほとんど。指導する側からすれば、人生経験が多い自分より年上の転職者は、“扱いづらい”と感じるものです。

その点を考慮して“扱いやすい“と感じてもらえるように、先読みして立ち回らなくては職場に馴染めません。

ですが、専門知識が要求される職種になるほど、吸収するべきことが多く、指導者との関係がぎくしゃくしてしまいます。

採用する企業側は、こうした事も踏まえて採用を検討するため、40歳以降の求職者は見送られる場合があります。

40代で転職すれば年収ダウンがほとんど

一般的には40代で転職すれば、年収ダウンを受け入れるしかなくなります。

もちろん、転職エージェントなどを介して管理職として転職するのであれば、待遇や年収アップを約束されるケースもあります。

要するに、知り合いの紹介や縁故採用など、強く求められて転職するケース以外は、年収ダウンが現実です。

家のローンや子供の塾代、親の介護費用など、40代ともなればいろんな出費が増えるので、「転職してどのくらいの年収になるのか?」が重要ですね。

しかし、年収を重要視して探すと、求人案件がどんどん少なくなってしまう。希望する年収の求人を見つけられないことで、転職が難しくなります。

40代男性でも転職しやすいのは人手不足の職種

離職率が高い仕事や売り手市場の職種は人手不足のため、40代の男性でも転職しやすいですし、管理職も目指せます。

営業職

40代男性の転職!未経験でも成功しやすい職種とは?-3

コミュニケーション能力が高ければ、今までに培ってきた対人対応力が営業職に活かせるかもしれません。

営業職は離職率が高いため、つねに人材を募集しており、40歳を過ぎてからでも実力しだいで高い年収も可能。

とくに、不動産の営業は採用される確率が高いといわれていますが、適性しだいなので誰でも向いている職種とは限らないです。

介護職

40代男性の転職!未経験でも成功しやすい職種とは?-4

介護施設はつねに人手不足の状態なので、40代の男性でも採用されやすい職種。そのうえ、介護職員の平均年齢は46.8歳と高く、施設によっては40代でも若手となる職場もあります。

体力が必要な仕事には違いないですが、「肉体的につらい!」といわれているのは女性の立場からの意見がほとんど。男性ならそれほど肉体的にきつくはないです。

また、一般的には夜勤もあるので、生活リズムが乱れて辛いこともあるでしょうが、仕事的には利用者さんが眠っている夜勤のほうが楽です。給料も高くなりますしね。

ただ、どうしても夜勤を避けたいのであれば、デイサービスやデイケアを選べば一般的には夜勤がないです。

一般的にというのは、中にはお泊りデイを行っているところもあるので、夜勤があるところもあります。なので、よく調べたうえで職場を選びましょう。

警備員

警備員は50代~60代以上の男性が活躍している職業なので、40代なら若手になる職場です。

資格を取得すれば昇給や昇進も十分に見込めるため、40代の未経験から転職する人が多い。

ただし、警備員の仕事の性質上、勤務時間が長くなりがち。指定された時間は現場にいることが最大の業務なので、「仕事を頑張る=長時間」となります。

また、立っている時間が長いので、慣れるまでは疲れやすいです。

IT業界

40代男性の転職!未経験でも成功しやすい職種とは?-5

現在のIT業界では人手不足が深刻になっており、未経験でも採用年齢を40代まで引き上げている企業も珍しくないです。

もちろん、まったく興味がない人には不向きな業界ですが、プログラミングスクールなどもあるので、ある程度の知識がある人はチャレンジしてみる価値はあります。

工場の製造ラインの工員

「安定した年収と休日が欲しい!」という人には、工場の製造ラインがあっているのかもしれません。

とくに自動車関連の工場であれば、比較的に高い年収と完全週休2日が得られやすいうえ、未経験でも可能なのでプライベートが充実します。

ただし、40歳以下という年齢制限があることが多く現実的ではないですが、もし40歳以上でも募集している求人があればチャンスです。

終わりに!

40代男性が未経験の職種に転職するのは非常に大変なので、「自己都合で転職したい!」という場合は熟慮のうえ、検討しましょう。

また、同業種の転職で年収アップを目的とするなら、無料でサポートを受けられる「転職エージェント」を有効活用すれば、成功しやすいです。

こちらも一緒に読まれています

転職において自分の市場価値を確かめるには?

気になる!転職面接の時間が「短かった」「長かった」合否を面接時間で読み解く

ブラック企業への転職を避けるため、求人情報から見抜く方法!

転職エージェントを比較!おすすめランキング

ピックアップ記事

関連記事一覧