30代以上のフリーターは就職できるのか?

フリーターから就職

アルバイトなどのフリーター生活がいつの間にか長くなり、気づいたら30代になってしまったという人も多いのでは?

しだいに増すのが将来への不安。20代の頃は正社員の知人らとたいして変わらない収入を得ていたが、20代後半に差しかかったあたりから、収入の格差を感じはじめます。

結婚への不安、社会保障の不安など、30代以上のフリーターならではの不安が痛く感じますね。

「これから就職活動をはじめて、年齢が高くても果たして就職できるのか?」

就職したいと思った時に、成功させるには何が必要なのかも紹介します!

未経験歓迎の求人は増えており、フリーターにもチャンスはある

特定のスキルが必要となる職種を除けば、未経験歓迎の求人はたくさんあります。

何でもいいからと割り切れる人、もしくはその求人に興味がある人に限られてしまいますが、現在は景気回復にともない人手不足の状況なので、30代以上でスキルが乏しくても求人は意外と多い。

この対象となるのは、単純作業や雑務、簡単な事務や接客など、まったく経験がなくても問題なく働ける職種。

だからといって、それが一生つづくとは限らないのも事実。はじめは誰でもできる単純な仕事でも、そこから経験を積んでいけばとうぜん責任のある仕事にも就けます。

将来的に、その可能性のある仕事を選んだり、独立できそうな仕事を選んだりすれば、可能性は大きく広がります。

もちろん、年齢が上がるにつれ厳しくなりますが、それでも30代以上であっても正社員をあきらめる必要はないですね。

紹介予定派遣を利用する

スキルが必要となる職種であっても、紹介予定派遣を利用することで、最長6ヵ月後に正社員として採用される可能性はあります。

紹介予定派遣とは、正社員や契約社員などで直接雇用されることを前提としたシステム。正社員を希望したうえで一定期間(1~6ヵ月)派遣スタッフとして働き、期間終了後に派遣先企業から正社員として採用してもらえるというもの。

現在では人材確保の手段の一つとして、積極的にこの紹介予定派遣システムを取り入れる企業も増えており、特定の職種のこだわりがあるのであれば、このシステムの活用がおすすめ。(フリーター就職サイトなど)

派遣スタッフの期間は3ヵ月が一般的ですが、中には1ヵ月というケースもあり、最長でも6ヵ月となっています。

ただし、期間終了後に残念ながら派遣先企業の判断により不採用となるケースもあり、契約社員やその他の雇用形態となることもあり得ます。

30過ぎのフリーターでも好印象を持ってもらうには?

確かに、20代の人と比較すれば、面接官に与える印象は良くないでしょうが、だからといって今さらどうしようもないことを嘆いても、就職にマイナスとなるだけ。

ポジティブに考えれば、まだ色々な選択肢があるわけですから、就職しようと熱い思いを抱いた時から、スキルや資格をとる努力ができるとも考えられます。

「就きたい職種の資格をとるために勉強中」

と面接官に伝えるだけでも、向上心のある人と感じとれるので、印象はかなり良いです。

何の努力もせず就職活動をする人は、どうしても自信なさげに話す傾向にあるため、どんどん深みにハマっていきがち。

自信が持てなくネガティブになりがちな人は、どんな小さい事でも良いので、成功体験を身につけるための努力をしましょう。

終りに!

フリーターのまま30代になり、将来に不安を感じるのであれば、今がチャンスの時。いくら就職がムリではないとはいえ、40代、50代と年齢が上がるにつれ、狭き門になるのは必然。

大事なのは、強い意志をもって行動することですね。人のモチベーションなんてすぐに尽きてしまうので、はじめから何となく就職したい程度の考えでは、叶う前に挫折する可能性が高くなります。

こちらも一緒に読まれています

5分でわかる!フリーターが就職するために必要な事6つ

フリーターの就活に必須、3分で理解できる履歴書作成方法!

フリーターが就職活動するための基本的な進め方!

転職において自分の市場価値を確かめるには?

気になる!転職面接の時間が「短かった」「長かった」合否を面接時間で読み解く

ブラック企業への転職を避けるため、求人情報から見抜く方法!

ピックアップ記事

関連記事一覧